☆世界を巡り、各地で受け取った大切なエッセンスを作品にしてお届けしています。クリスタルワンド・ヒーリングキャンドルなど、クリスタルアイテムを販売中☆

点灯の際の注意

0円(税込)

購入数
【通常キャンドルの注意事項】
★キャンドルは、水平で安定した場所で灯して下さい。
その際は必ず耐熱性のあるものや不燃性のもの、お皿などに置いて灯してください。
灯した際に、キャンドルの形によってロウが溢れ出るものがあります。

★点灯はチャッカマンがおススメです。

★キャンドルを灯すときは、その場を離れないでください。
就寝前に使用の際には、消し忘れにご注意ください。

★炎に直接外の風や冷暖房の風などあたらないようにしてください。

★カーテンや燃えるもののそばで灯さないでください。火事の原因となります。

★芯は1僂らいで灯すのがおススメですが、
炎が大きすぎる場合は一度消してからハサミで芯を少しカットして再度灯してください。
炎が小さすぎる場合は一度消してからロウを捨てて再度灯してください。

★天然石を使用しているキャンドルについて・・・
芯の近くに石があり炎が小さくなる場合は、
ピンセットや割り箸などで少し脇に寄せてみてください。

★お香を使用しているキャンドルについて・・・
お香は熱によって溶けるお香を使用しています。もしキャンドルの火がお香について燃え始めた場合、ピンセットや爪楊枝などで芯から離してください。
点灯の際にはその場を離れずご注意ください。香りもほのかに香る程度で、お部屋に充満するほどは香りません。

★キャンドルを消す際は、ピンセットや割り箸などで芯を溶けたロウの中へ押し倒して火を消し、再び芯を起こしてみて下さい。消した後のイヤな匂いがしません。




【蜜蝋キャンドルの注意点】
★キャンドルは、水平で安定した場所で灯して下さい。

★キャンドルを灯すときは、その場を離れないでください。耐熱ガラスを使用していますが、長時間の点灯はお気を付けください。(器も熱くなりますので、置く場所にもご注意ください。。(敷物もおススメです))
就寝前に使用の際には、消し忘れにご注意ください。

★炎に直接外の風や冷暖房の風などあたらないようにしてください。カーテンや燃える物のそばで灯さないでください。火事の原因となります。

★糸芯は1僂らいで灯すのがおススメですが、
炎が大き過ぎる場合は一度消してからハサミで芯を少しカットして再度灯してください。
炎が小さすぎる時は、一度消して溶けて溜まったロウをティッシュなどで吸い上げ、それから再び灯してください。

★木芯の場合、火が安定して燃えない場合があります。
炎が小さい時は、一度消してから周りのロウも一緒に溶かしながら再度着火する、木芯がロウを吸い上げやすいように溶けたロウを爪楊枝などで木芯に着けてあげるようにします。(火傷にご注意ください)
黒く炭化した部分が多い場合はさみなどでカットする、冷めてから手で軽く取るなどして再度灯してください。

★点灯はチャッカマンがおススメです。

★Lサイズは着火後少し斜めにすると全体に火が付きやすいです。

★時々2〜3時間燃やしてあげると、周りに着いたロウも一緒に溶かします。また、柔らかい間に爪楊枝や割り箸で周りを削いであげるときれいに燃えていきます。

★蜜蝋キャンドルとパラフィンキャンドル(通常よくあるキャンドル)と同時に灯すと、パラフィンのススが周囲の壁や家具にこびりつくことがあります。

★気温や湿度などで燃え方が変わることもありますので、少し手間がかかりますが様子を見ながら調節してみてください。

おすすめ商品